ながれてゆくもの

いちオタクの徒然雑記

2019!

 

ほろ酔いで書きますので、いつも以上に支離滅裂だったらすいません。先に謝っておくスタイル。

あけましたおめでとうございます。
今年もマイペースにのんびりいきましょう…無理しない。

 


とりあえず紅白とCDTVのことね。
前回不安な気持ちを思いっきり吐露しましたけれども、杞憂で済んで本当によかったです。CDTVなんか特に、コンテンツの説明しっかりしててよかったなあ、って。正直なところとてもホッとしました。
もうバカにされる時代は終わったんだ……って言ってもいいですかね? 学生時代のトラウマは早々簡単には消えないけど、確実に世界は変わっているんだと思えました。表現が大袈裟だけど、バカにされるのがこわくてコソコソしていた過去の自分には想像つかないでしょうから、世界は変わってきているって言うのは間違ってもいないと思う。

 


紅白は……なんか平成最後だからとりあえず話題になりそうなもの全部詰め込んだれ!感があって久しぶりに面白かった。浮くかなと思ってた刀剣男士が霞んでないか? っていうほど。サラ・ブライトマンのあれRPGのラスボス感なかった? YOSHIKI倒してからじゃないと攻撃当たらないやつ(ただしYOSHIKIは防御力めちゃくちゃ高くて状態異常攻撃の使い手)、みたいな。
サブちゃんの「まつり」のあたりは真剣乱舞祭もう1回やってる感じがして楽しかった…
肝心のパフォーマンスは思ってたよりコンパクトだったけれど良かった!みんなかっこよかったです。演歌コラボは完全に山内さんが審神者で近侍は堀川くんだったね。戦ってたしね。マクロス的な、歌で男士をサポートする審神者……

 

CDTV、リアタイして良かった〜〜〜!!!!
刀剣乱舞」は紅白と別バージョン。一晩で二度美味しい。
そして「Can you guess what?」、まさかのみほとせ2部で新年早々腰を抜かして崩れ落ちました。画面の中のことが信じられなくてプチパニックを起こして泣き始めた午前4時ちょい前。
推しがわりとカメラに抜かれてることが多くてそれだけでアワワワって感じだったんですけど、サビ途中で投げちゅーからの指差し……紅白の時もカメラ目線と指をクイッとする仕草があって堪らなかった……ライビュのときはカメラあんまり見ずに客席優先でファンサをする人だと思って油断して見てたらテレビではきっちりカメラを意識しているあたり、プロ意識というかなんというか。そういうところが好きなんだよな!本当に推せる……
冷静になって考えるとあの2部衣装、CDTVで見納めだよね。公演が控えてるからこそのパフォーマンスだったんだろうなと思うと本当にもうリアタイ出来ただけでも良かったけど録画してあるので永久保存です。

5時過ぎに寝たけど午前のうちに起きてちゃんとお雑煮作ったから許されたい。お酒入れたらほろ酔いで気分が良いのですがものすごく眠くてこれはたぶん寝てしまうやつ……

 

年明け早々フルスロットルめなオタクブログでした。
本年も当ブログをよろしくお願い致します。