読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ながれてゆくもの

いちオタクの徒然雑記

うぇあいずらぶ。その1

ゲームいろいろ


モアブラ終わらせたので感想ざっくり
さっき記事見返したんだけどあんまり個別では感想書いてなかったのか……暇なのでエンド見返して書いていきたいと思います


とりあえず無神さんち。
逆巻さんちと比べて彼らへの好感度が比較的高めなのは、きっと「元人間」という設定とそれぞれに用意された過去の境遇が悲しい/切ないものだからだとは思います。セリフや行動に人間らしさがあって感情移入しやすいからかと。


ルキ。
4人の中ではちょっと感情移入しにくかったところが多かったかな…?? でもストーリーとしては違和感もなく、割とすんなり受け入れられた印象です。
ヴァンパイアエンドも糖度低めかなあ。でもこの淡々とした感じがルキらしいかなと。自分のことを蛇だというそのセリフが結構好きです。
マンサーヴァントでの狂い方というか櫻井の演技がもうね、好みでね(笑) 切ないけど嫌いじゃないエンドだった……
ブルートでのルキの独白がつらい。ここでルキが言ってることが逆巻と無神の明確な差だとわたしも思う。

ユーマ。
まあ一度ヴァンパイアエンドについてはちょろっと書いたと思うんですけど、カップリング的にすごく好きです。というかヴァンパイアエンドのスチルがとっても素敵でした。
シュウ√攻略済みだったのでストーリーは落ち着いて追えたのですが、切ないというかやるせないというかなんと言えばいいんだろう、いろいろ考えちゃう感じではありましたね…
マンサーヴァントエンドでのあれってどうなの(笑)。ユーマどうのこうのっていうかレイジさん……あんた……www
ブルートの壊れちゃったゆーm…じゃなかったベーアを演じるたっつんの声が…声が…… 聴いてられなくなるくらいには悲しかった。でも病んだエンドそのものは嫌いじゃないっていう…(笑)

アズサ。
カナト√やった後で彼だったのでとりあえず「この子なんなんだ…!!」ってなりながら進めてたら攻略後半でちょっと泣かされました……
っていうかブチ切れたカナトが絡んでくるのが段々面白くなってきた時点でわたし感覚おかしい。←
痛みを感じることで自分の存在理由を確かめる、というこの子の行動原理が完全にメンヘラ……いや、他のキャラも大概ちょっとおかしいけど、なんだか放っておけない感じがありまして。
そんなわけでこの子ってほんとにヤンデレか…?って思うこともあったけど、マンサーヴァントでの行動言動がわりとちゃんとヤンデレで良かったですww
ブルートの彼はなんというかなるべくしてなったっていうか……これもヤンデレよね。
ヴァンパイアエンドでの家族エンドがほんと微笑ましくて涙出た…。いいね…幸せになれよ……(誰目線)

コウ。
他の√で出てくるとすっごくいい子で好感度高かったせいか、ライト√と同じく序盤中盤がすっごいしんどかったです(真顔)
でもそのかわりEcstasyシナリオで泣きっぱなしで……なんだよもう大好きだよくっそ!!ライトさんという本命を揺るがすレベルでツボったよ!!!
他のキャラも基本は同じだけど、知らなかったものに気がついて悩んで葛藤して、というのが一番わかりやすかったような気はします。多分他にくらべて悩みと葛藤の部分の表現がストレートなのかな。コウちゃんて。「愛って何?」って素直に聞いてるしね。そしてそんなところが結構好きだったり。
とりあえずスチルあるエンド両方で泣くとは思いませんでした。
ヴァンパイアエンドは素直にほんとに祝福したくなる終わり方で清々しくて、「よかったねえほんとよかったねえ」って泣いてたんだけどブルートエンドが……ほんと…あるあるなのかもだけど弱いんだよ…何かを失っても愛したいっていうそういうの弱すぎて…見返しても涙出る…こころの中の青空……
そんでもってマンサーヴァントでの展開はちょっと背筋がぞくっと来る感じ。「取り返しがつかない」ってこういうことが一番きついよなあと思いました…死ぬより残酷。


総括:無神さんちみんな好き。そしてコウちゃんに泣かされすぎ。


コウちゃんなんで人気低いんだよお…!!!わたしは大好きだよお…!!!
あっでも申し訳ないなと思ったのはわたし欠損系美少年が結構好きっていう……^p^ いたぶる趣味はないけど欠損好きだよごめんねコウちゃん……

逆巻さんちもざっくりまとめて終わりにしよう
積んでるゲームまだまだあるんだ