ながれてゆくもの

いちオタクの徒然雑記

別れの季節



友人のブログを見た事によって、ふと思うことがあったので書き残しておく。



どうやら3/25が通っていた大学の卒業式だったらしい。
わーその頃多分仕事してたわ(笑) バイトだけど(笑) 大学中退したフリーターだけど(笑)

袴は着てみたかったな〜なんて素っ頓狂なことをぼやいてみる。


いや、そんな軽いこと言いたくてこれ書いてるわけじゃなくて。



あの環境から逃げ出して良かったとわたしは思ってる。
学歴を中途半端にしてしまったことに関しては後悔する部分はあるけど、あの世界から抜けだしたことはまったくもって後悔していない。
そのうえで友人のブログ読んだら、なんだろう。人と関わることがほんとに苦手というか興味ないというか、そこまで重要視していない自分がいることに気がつく。寂しい時は寂しいんだけど。
そりゃわたしだって、学生のうちにカラオケオールとか飲み会で酔いつぶれるとかしてみたかった。でも、そういうことにそもそも参加してなかったんだよね。ちょっとでも嫌だなと思ったものには継続して関わるということをしてこなかったせいで。
こちらから線を引いてそこから越えることをしなかったわけだから、そりゃあ友達と呼べる人なんていなかったわけだなと今になって納得するよね。誰も近寄って来ないわけだよ。

いまでも基本的に人付き合いは苦手。ひとりでどーにかなるならどーにかしてる。別に脳内に友達を作り上げてるとかそうのをしたことはないけど、ひとりであれこれどうでもいいネタから真剣な悩みまでぐるぐる答えが出なくても考えているのが好きで。
友達多いって羨ましい反面、疲れないの?って聞きたくなることもある。でも基本的に、人望があるとか友達が多いって環境、めっちゃ羨ましい(笑) 声かけられたいもん、お出かけとか飲みとかの企画www

ふと振り返ってみたら、まあそれはとてもとても希薄な人間関係しか持っていなかったんだなあと実感して少し寂しくなりました。いやもう今更だから別にいいけど。もともと作り笑いが得意な方じゃないし0か1かしかないからめっちゃ仲良くなるか知り合いで終わるかのどっちかだから。


みんな忘れ去ってんだろうなあ(笑) わたしはたま〜〜〜に思い出して遠い目してたけど。
友達ってなんだろうね。わかんないなあ。



とりあえず。
かつての友人たちよ、卒業おめでとう。
みんな進路ちゃんと決まってんのかな。



春は別れと出会いの季節ですね。
わたしは何と別れて何と出会うのやら。