ながれてゆくもの

いちオタクの徒然雑記

幻覚の 予感?


どうもどうも、何故か家に居るのにやりたくないことに直面すると「かえりたい」と口走る癖がついてしまっている鳴さんです。
土に還るのかね。



さてさて、なんやかんやありまして行ってまいりました

Sound Horizon 9th Story Concert
Nein ~西洋骨董屋根裏堂へようこそ~
5/21公演。

(いまコンサートタイトル書いて気がついたけどこれエリ組の時と同じだね…!? 10年経って踏襲?たまたま?)

24日の千秋楽も行けることになったので、21日分の感想をざっくりまとめていきます。

あ、詳細なレポではなくすごくふわっふわした感想を並べていくだけなので期待しないでください笑



◇檻の中の箱庭
ぶっちゃけこの曲のパフォーマンスだけでも見る価値あったなと思うくらいには感心というか、感動というか。
どんな感じなのかは聞いてたけどやはり百聞は一見にしかず。サイバーっぽいのが結構好みっていうのもあるのだけど衣装のギミックとダンサーの動きと曲とがとても合う。なんかいろいろすごく感じたけどうまい言葉が見当たらなくて結局「合う」の一言に尽きるボキャ貧……
便宜上R.e.v.o.の動きがれぼじゃなかった。二階席から双眼鏡で観察してた感じ口元とかとても似てたけど笑 髪色真っ黒じゃない(トップが白?シルバー?だった)んだなとか衣装の構造とかに注目してしまうレイヤー脳。あのソール部分光るスニーカー売ってたよねどっかで

(勝手ながら今回絶対この時の光る衣装がチケ代吊り上がった原因のひとつだと思っている)


◇名も無き女の詩
従者じまの白タイツと若干めくりあがった衣装の裾が気になりすぎて前半あんまり覚えてない。白タイツじまずるい。

パン屋の少年くそかわいいな……「女拐かしてきたって」のところでくねくね動くのがじわじわきた。
Twitterで事前学習してたから\ぱん!ぱん!ぱんでぱんぱん!/の手拍子は間違えませんでした

特筆すべきは最後のシーンでバラッドらしき旅人がパンを買うあたりか……しばらくルーナの方を気にしていたように思う。
ほかの公演の話聞いてると全く見向きもしない日、すごく気にしてる日ってあったようなので結局公演ごとにいろいろ違うんだよなあ。


◇食物が連なる世界
特筆事項:食物連鎖ピラミッドからの輪廻の砂時計

これ初出の演出だったそうで……歌詞カードのピラミッドがスクリーンにアニメーションで描き出されたと思ったらコピペして180度回転して(伝われ)砂時計を彷彿とさせる形になった訳なんですが。ここがすごく鳥肌だった。

多方面から言われてるとおり確かにCDで聴いていた時より評価は上がる。ひとえに南里さんの歌唱力というか表現力の結果かしら…
ぶりっこ演じてるのは確かメルコンで幼少ザベトをやってた子だよね? 彼女そもそも体型が細くて薄くてすごいなあって見てたけど、終始キャラ貫いてメンバー紹介とかアンコールの辺りでもまさにぶりっこという独特な振る舞いしててただただ感心。あの立ち方すごく印象に強い笑
(5/23追記:これ書き上げたあとパンフ読んだら幼少ザベトとは別の子でした、ごめんなさい。どこかで見たことある気がするのはなんでだろ……)


◇言えなかった言の葉
衣装好み(そこか)

なんかアクターさんダンサーさんに目が行ってしまったなあ…緑のスカーフしてたおにいさん?おじさん?の表情がおもしろすぎて。
あとあれだね〜獣のような目をした男?がハロ夜に出てきていたシェイマスを刺したならず者とビジュアル似ていた気が。
歌詞カードみたいに飛ばされた手紙の内容とか出たらまた考察がはがどるのになとか思ったり。


◇憎しみを花束に変えて
噂のステラちゃんくそかわいい。可愛いと言わずして何と言うのか。

そんなことよりやっぱり花束にピストル仕込んでたんじゃないですかやだー!
このパターンの時のステラは左手に花束、右手には何を持っていたのやら……

(今気づいたけど「左手には花束 右手には約束を」って「右手に死を 左手に生を」とリンクしてるね…なんだろうね……怖いね…右手に取ったものは死につながるのかしら)

「あの後死ぬつもりだった」でステラは殺メッするし照明は紫だし冥王様の影を感じた

ジーノさんまじJimang……いえ大好きですが。
両手に花にならずにひとりでランウェイに躍り出てきたときはさすがに笑った。

ルナステだよな……ステラが押せ押せの性格してるけど絶対ルナステだよな……
恨み妬み嫉み絡み、のところの振り?が好きです。いつ間にか手を組んでダンスしてるみたいになるの。

あと……わたし……インタビュアーコスしたい。笑
インタビュアーが出てきてたのも昨日が初出? ステラがP席イジりに行かないで「ふたりっきりで(囁くように)」なんて誘惑してたから百合厨BBA大歓喜だったけど予想外すぎたよ。


◇ノエルと路地裏の猫の戯れ(と言う名の幕間)
詳細割愛。
とりあえず「僕どーらーえーもーんー(CV:梶)」、ありがとうございました。
劇場版進撃の主題歌は“もぅぅぅちょっっっと”で完成だそうです。夏から秋はリンホラの時期かな?


◇西洋骨董屋根裏堂
観点おかしいけどマダムミシェルのおっぱいナイスおっぱい。幼女は幼女すぎてさすがにあの衣装はなんかいけない香りがするって思ったわたしはきっと捕まる。
グラサンを舐め回すように(というかいろんな角度から)見つめるノエノエにちょっと笑った。
死神の鎌だけ実物なかったよおおお悲しみ

「西洋骨董屋根裏堂!」の振り付け覚えられませんたすけてください。

最後は「前金としてお前の一番大事なものを頂こうかねぇ、なーんちゃって」って老婆。


◇涙では消せない焔
泣きすぎてつけまつげは取れるわ左目のコンタクトがボロッといくわで散々。
でも、でもでも、大好きなママンとかっこいいじまんぐが見られて大満足! 
軍服を着てビシッと立ってRIKKIママンとハモるところに泣き、戦争シーンの「回り続ける丘の上」のあたりでまた泣き、車椅子に乗りながら「君が来た朝を〜」と歌うところでも泣き……Romanという作品への思い入れが強過ぎて音源だけでも気を抜くとうるうる来てしまう。
オルヴィオちゃんきちんと確認できなかったんだけど陽月ドールだよね……Romanコンサート見返したくなった。


◇愛という名の咎
問 題 作
シスコン具合は控えめでした。側転とかでんぐり返しとか見たかったんですが。
(この日ともよちゃん来てたらしいね…?)

メインふたりよりうしろの猫姉妹とダンサーさんアクターさんに注目するだけの簡単なお仕事。
やっぱり六姉妹から四姉妹になって抜けた色味と音は何か意味がありそうなんですがそっちは知識が無いので検証しようがない…

追っ手の兵のふたりがすごくおもしろかった。
オルフがわりとガチで「お待ちくださいぃぃぃ!」って叫んでいたのが奴隷部隊(というかアメティ)大好きマンとしては辛すぎて……

ラスト、背景のスクリーンに冥王様(映像)、ありがとうございました。内心拝み倒しておりました。


◇忘れな月夜
……ツライ。

ザベトがダンサーさん3人と代わる代わる踊っていたところをおなじようなフレーズのところでひとりで踊るとか、細かな演出が辛い。

子供達の一番下の子って言えなかった言の葉でヒロインの子供役やってた子だよね〜可愛らしい。

最後にメルエリが窓から覗くのも辛いしいろいろなんか……つらい……それしか言えない


◇最果てのL
サングラス(端末)相手におもむろにギター取り出して歌うところかすごくシュール。

……ごめんなさいヘドバンしそうになりました最近そういう系ばっかり聴いてたもので……

後ろのスクリーンでヴァニスタのメンバーの演奏シーンが流れてるのは嬉しかったな〜淳士映る度にテンションが上がっていた

その後の便宜上R.e.v.o.が歌うところほんとシュールすぎたんですが……途中でノエルがハモリに入るのもシュール……
でも大団円というか、最後の全員並ぶシーンはどのストコンでも一番好きな瞬間なので生で見られて胸いっぱい。特に今回は通常盤ジャケットの再現に近かったっていうのもあって。

最後山さん出てきたのはびっくり。山にゃん見たかったっちゃ見たかった笑


◆アンコール
ノエルが「混乱させてやる!」って言って殺メッしたのは冥府の住民的には物凄く叫んだけど内心「ってことは冥府は来ませんね知ってた」って真顔だった。

磔刑の聖女
いろんな人が言ってるけどスクリーンでは聖女ザベトがしっかりメルメルを抱きしめるのに、実際ステージでは修道女ザベトが空っぽの闇を抱きしめていてその対比が辛かった。

◇StarDust
撃たれた元彼チャラすぎて笑う
でも奔放なステラに振り回されて疲れたところにクールなルナと出会ってほいほいアピールしにいくあたりとかすごくわかりやすく解釈されたなぁと……白い花束を受け渡した黒猫ダンサーととてもとても悪い顔(いい意味で!)でニヤリと笑い交わしていたのがなんともたまらん。

◇超トンネル
バビロンの捕囚忘れないでくださいノエノエ……
でも全力で踊りました超楽しかった
これで千秋楽超重力だったらわたしすごく嬉しいけど、多分23日にやっちゃうよね。


以上!
その後のノエルのコメントとかに思うことはあったけど、千秋楽見届けてから改めて書こうと思います〜。

実はStory ConcertはなんとまあRoman以来8年振りでした。領拡ツアーとかはたくさん参加してたけど。自分でもびっくり。
そもそもSH界隈から結構離れていたので、物販の近衛兵見て懐かしさで感動したからね。笑
それでもまあそこにあったのは慣れ親しんだ空気を持った新しい幻想世界で、何年たってもSH(もといRevo)の持ってる力はすごいなあと思い知らされます。
あとはまあ○○が××になったらいいなとか思うけど、そういうのは心のタンスにしまっておきます。

ひょえー、4000字近いぞ笑
ブログの散文にしたってすごいな。書きたいことがあるって大きいな。

おしまい。