ながれてゆくもの

いちオタクの徒然雑記

結局のところみんな何かをこじらせてるんだ。


なんか日常カテゴリではない気がした
いや、わたしは日常の中でぽやっとこういうこと考えてるんだけど。


政治の話で母親と完全に意見が割れて、テレビのニュースでその話題やる度に言い合いになって、全然理解し合うとかそういうのが全く起こらない平行線状態でイラついて、っていうのをしばらく繰り返してたんですが、わたしがその平行線状態に音を上げて「もうあんたとはこの話はせん!」ってぶった切ったっていう出来事がありまして。
自分を客観視したらまあわたしはネトウヨとか呼ばれるタイプなんだろうなと思うし、稚拙な知識しか持ち合わせていないのでここで語ることでもないかなとはちょっと思ったけど、現実誰に語るでもないことをここにまとめておけば自分がスッキリするかなという自己満足だけで残しておきます。

あ、政治の話じゃないです、最近Twitterとかネット見ていて思うことです。
ていうか今日の記事のタイトルがそのまま言いたいことなんだけど。



よくtogetterとかのまとめが回ってきて興味本位で読んでみると出てくる感想が、「嫌悪感というものは理論では溶かせない」
わかってても嫌なんだよ!ってことが多いよなーって思うんですよ。それを○○だから受け入れろ!って言われたところで、その内容がどんなに理論的で納得がいくものでも「だけど嫌だ!」ってなるものは誰しもあるかと思います。
その境界線というか、どうしても超えられない壁みたいなものを認識(意識?)せず飛び込んでいく、飛び込んでくる人が増えたというか、顕著になってきたなあっていう感じがする。
なんていうか、感情でものを話してる人に理論で話しに行った人が、あまりにも手応えがなさすぎて結局感情でキレてただの殴り合いになるみたいなことが、最近多いなあって思います。

いいか悪いかは置いといて、自分が見てる世界のみが全て(正義、みたいな言葉に置き換えられそう)だって思う人も増えたなと……自分の知り及ばない範囲のことを受け入れられないのは人間として当然あっておかしくないことだと思うけど、そのことを知ったことによってそこまでそれまでの自分の世界と大きく違ってくるものなんてあるんだろうか……
いや、あるから拒絶とか攻撃に繋がるんだろうな……

違うってそんなに拒絶すべきものなのかなー。
(これが言いたかった)

当然、似通った部分がある方が親近感というやつがわくものですが、自分と違う点を見つけて持ち出して他人を攻撃するのは何か変だなと思うわけです。
それを意図的にやって相手を潰そうとか、そういう悪意がある場合は全く別として。
ただ、自分の守りたい何かを必死になって守ろうとするから攻撃に転じる人もいるわけだから難しい話になってしまうんですよね……


書きながら思ったけど何が言いたいんだろうわたし。
着地点が見つからない。

んー、もう少し丸くなろうぜ、かなあ。
違うなー、みんな大変だなーって傍観しちゃってるのどうしたらいいですかって相談かな。

自分の意見がないわけではないです。てかなかったらこんな記事書かないよ。
割と理詰めで始めて、結局感情でかっ飛ばすタイプです。うわめんどくせえこいつ。

「わたしとあなたは違うけど、違うなりにうまくやっていけたらいいよね」っていう、まとめるとそれだけの話なんですが。

少なくとも何かにつけて議論しだすような人たちは何かしらこじらせてると思いますよ(笑)、わたし自身含めて。
関連するものにコンプレックスとか抱えてないと考えないじゃないですか。特定の話題について何にも負の何かを持ってない人が気にするとしたら「なんでそんなこと考えるの?」ってところから始まるでしょ。

結局は自分的に好きか嫌いかってことだと思うんで、そこからプラスしてうまくやり取りできたらいいよね。

わたしはまあ、嫌いなもの嫌いなことたくさんあるので(笑)
でもむやみにそんな感情を持ってきて攻撃したりしない人間になりたいなとは思います。
なってるかどうかはわからん。