読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ながれてゆくもの

いちオタクの徒然雑記

焦るでしょ、そりゃ

その他

 

深夜の戯れ言。

 

最近はジップロック的なものにiPhone入れたやつとペットボトル1本を浴室に持ち込んで、長風呂しながらTwitterのTL警備したり友人とLINEしたりするのが定番になってるのですが今日もそうしようと思って、ペットボトル取りにリビングに顔を出したんです。そしたら母親がドラマの「東京タラレバ娘」を見ていて。原作は電子コミックで途中まで読んでいたので知りつつ、個人的にはドラマ版のキャスティングに納得いってなくて全然見てないんですけど、まぁたまたま母親と一緒になって見てしまったのです。

納得いってないのはあれだよ、吉高由里子が倫子やるのがめちゃめちゃ違和感あってだな。実年齢的には合ってるのかもしれないけど彼女見た目全然若いじゃん。ほかの二人も違和感すごいけど

(でも、映画好きの男の役をもこみちがやってたのはなんだか納得した)

(どうでもいいけど今日の台詞で”違和感を感じる”っていう言葉があって脚本それでいいのかよって思った)

で、タラレバ娘見てて思い出したというか。しまいこんでたいろんな考えが引っ張り出された気持ちになったので、とりあえず書きなぐっておこうというわけです。

 

あの作品って「恋愛と結婚が女の幸せ」って感じで描かれてるけど、まあ今のこの時代「それだけが全てじゃない!」っていう考えの人や、後先なんも考えてない(というか考えてる余裕すらないというのが正解な気もする)人とかいると思うんです。カッコよく言えば”思考の多様性”というやつ?かな?

実際問題、オタク友達(むしろオタクじゃない友達なんてわたしの人生にはほとんどいないけれども)の8割は恋愛とか結婚とかそういう話題で盛り上がれないし、なんならその話題がもはや地雷なのかなって感じの知り合いがいる。残りの2割は婚約者がいたり既婚者だったり、あとふつうに恋愛トークできる貴重な子。

私は、正直、超正直に言って、結婚はしたいと思ってるんです。子供はちょっと現状考えらんないけど。理由はとても簡単で、ひとりで生きていける自信も蓄えも知恵もないから。今の、”好きなものへの情熱だけで生きてる”感じが気に入っている部分はあれど、冷静に未来のことへ考えを巡らせた時に、孤独死まっしぐらの人生なんて怖すぎる。40代後半くらいで死ねたらなとか思ってるけど早死にしたいって言うやつほど長生きするんだって母親には言われてるし、そうだろうなーとも思う。なので、この先行きていくのに、両親や実家という”帰る場所”ひとつしかない現状に関して漠然とした恐怖感だけはもうここ3年くらいずっと抱えて生きてる。野垂れ死んでもいいやーって受け入れられる思考になれれば一番いいんですけど、それはやっぱりなかなかできるものではない。

そういう不安感について話しても、伝わらないんだか相手はそう思ってないんだか、なかなか共感してもらえることは少なく……オタク生活を満喫している20代後半の女子たちは一体どんなこと考えて生きているんだ。自分の行く末が怖くないのか?実はみんなきっちり計画立ててるの?

生きていくことへの不安感は当然ながら、こういった話題についての話し相手がいないので何にも考えてなかったの自分だけ?という怖さも抱えてるのが現状です。

 

風呂の中でだらだら考えてた時にふと気がついたのは、高校と大学時代にオタク活動へ燃やしまくってたエネルギーを対人関係とか恋愛方面とかにまわしておけばよかったななんていうことで、それはやっぱり”タラレバ”の話で。

一応これでも(?)彼氏がいたことはありますが、だーーーれも1年続いてないんですよね。悲しいことに。いや、1年以上付き合ってた事になっている相手はいるんですけど、そのうち半年近く会ってない(相手が海外に行った)から、実質1年未満。

おかげで異性に対する態度がどうしていいんだかもうわからなくって。あれ、どうやって交際にまで発展したんだっけ?みたいな感じ。今年アラサーに片足突っ込む(まあもう突っ込んでるようなもんだけど)ので、単純に焦ってますね。彼氏いない歴そろそろ3年目に突入。男友達もいないし。同窓会怖くて行かれないし。(多分そこもダメな要因)

実家や両親以外の”帰る場所”が欲しいよー!って内心ジタバタしている。ただしビビリ。だめじゃん。

 

タラレバ見てると、自分は土俵にすら上がってない感じというか、不戦敗だなって思うんです。何と戦ってんだかはわからないけど。

オタクじゃない子達って、わたし達が好きな作品や推しキャラに時間や情熱を費やしているうちに人間関係広げたり、外見内面ともに自分のことを大切にしたりきちんとメンテナンスしたり、そういうことをやってるんでしょうね。

オタク生活超楽しいと思っているけれど、ふとそういうことを考えると、やはり少なからず落ち込んだりもする。何やってんだろうって思う……

人付き合いに消極的になっているところから、直さないと。とは、思う、思うけども……www

言うは易し、というやつです。はあ、難しいぞ、実際やるのは。

 

 

どうでもいい話ですが最近、理想の男性として挙げる必須条件が「食に関しての感覚が合うかどうか」だけになりました。味の好みだけじゃなくて食べ方とかそういうものも合わなかったらしんどいのだ……

本当はロデオとディズニーが好きでコスプレに理解がある人が良いけどな!wwwそんなの三日月宗近よりレアだわ。幻だわ。