ながれてゆくもの

いちオタクの徒然雑記

身近にあんなバンドいたら応援しそう。

 

御茶ノ水ロック THE LIVE STAGE

御茶ノ水ロック 公式サイト

 

友人の付き合いで観劇しました。
ドラマは深夜アニメの録画ついでに録りためて観てました。舞台がドラマの後日談って最初から言われてたのもあって観てたんですけど、普通に(?)面白かったなーという感想。

 

友人が物販がんばってたので話を聞いたんですけど、ブロマの桐山が黒髪なのに舞台では金髪って謎現象だなって思いました。あらきさんなんで髪染めたんでしょうね 笑

個人的にはマフラータオルとDICのTシャツのデザインが好きでした。

 

続き物扱いとはいえ、ドラマはドラマでわりとまとまってたので舞台版のストーリーどうなるんだろうと思ってたら、まあうん、よくあるやつだった。よくあるやつだったけどそれがマイナスではなくて、とっ散らかることなくドラマでの話とうまくリンクしていて良かったんじゃないかなー?というのが素直なところ。


結局桐山は亮ともう1回バンドやりたかっただけなんだよね。
亮は亮で流石に言葉足らず過ぎないか、とは思ったけど、素直だと話成立しないしね。亮があれだけ不器用だから始ががむしゃらにやる姿が際立つというか、なんというか。

 

楽曲の歌詞とストーリーが綺麗に噛み合うので途中にライブパートが挟まるのもさほど違和感なく、トータル結構楽しかったです。
どっちのバンドの曲も好きだけど、どちらかと言えばダイダラかなあ。単純に奈良くんが好き。笑

生バンドどころか役者の生演奏凄かった。単純にそこが感心ポイントでした。何人かは経験あったみたいですけど、それにしてもインディーズで頑張ってるバンド、という設定がしっくりくる。ロック好きなんで楽しかったです。

 

まー、ライブパートなんだけど……
これは本当観た回の空気感というか客層が要因でもあるんだけど……客のノリの温度差が、ちょっとね。
個人的に、公式Twitterでのお知らせとか、開演前の前説とかすごく丁寧だと思ったんですよ。立ってくださいねー、声出してくださいねー、みたいな案内が。ライブ慣れしてない客が多いことを想定してたんだろうなーって。そりゃそうだよ舞台だもん。いくらボーカルが実際に音楽活動してたって、そこまで追ってる人がどれだけいるかって話だから。(書いてて気付いたけどどっちのバンドのボーカルも音楽活動してるね。桜menは聴いたことないけども)
それにしたって前方列と後方の温度差!w 仕方ない、仕方ないけどね! あとは煽り方の問題なのかなぁ、いや、それにしても声出さなさすぎとか、そういうのがちょっと気になって……協力しようよ……もう少し……

 

正直どの程度までノって腕振ったりとかあれこれやって大丈夫なのか逆に不安だったんですけど、DICのライブパートで「頭振れ!」って煽られるとは思ってなくてびっくりしつつ、向こうが煽ったんならいいよねって感じで遠慮なく振りました。てへ。

 


これ今後展開あるんですかね? ノベライズが電子書籍化しないかなーってぼんやり思っているんだけど……ドラマも舞台も軸はダイダラというか始にあったから、SHOの視点でどう動いてるのか知りたいなーとは思います。
ま、展開あってもDICとダイダラのガチの対バンなのかなーとは思うんですが。でもキャストのスケジュール合わせるのがキツいか。

 

イケベ楽器で展示あるらしいので暇を見つけて見に行く予定。