ながれてゆくもの

いちオタクの徒然雑記

夢見る人は生きづらい

 

 

ミュージカル アメリ

http://musical-amelie2018.com


初日がわたしの誕生日だったので行きたい行きたいと騒いでて、いよいよ1人で行く日が来たかと思っていたら大学時代の同期が「お祝いに」と付き合ってくれました。

 

原作の映画は10代の頃に観たくらいで記憶がふわっとしてたのでほぼ初見のようなものでした。ところどころ「あーこんなだった」って思いながら観てました。
まゆゆのAKB卒業後、初めての大きな仕事? ミュージカル初主演ということで会場はまゆゆヲタさん多め。層の厚さを感じました。海外(主にアジア圏)からの人も結構いたかな、と。


曲多めセリフ少なめ、一緒に行った友人と「ディズニー映画ぽい」という感想が一致しました。シナリオ自体も必要なところだけピックアップしてうまくおさめてるなと思います。

空想、妄想をして過ごしている女の子アメリとまゆゆ自身がうまくリンクしていたように思いました。アメリが「殻を破らなきゃ」「変わらなきゃ」と自分に言い聞かせているあたりとか、新しい世界に飛び出すんだ、みたいな感じがちょうどアイドルをやめて新しいステージへ踏み出した彼女と重なります。
AKBの現場行ったことがないから新鮮だったけど、まゆゆってお歌上手なんですねー。

 

個人的には衣装と舞台装置が好き。
アメリとニノの衣装がとっても可愛くて好きです。ニノのネクタイ、宇宙柄っぽくて可愛いんですよ〜〜〜。友人には「ズートピアのニック」って言われてああ既視感の正体はそれか…とはなりましたが…アメリのワンピースも裾の方はアシメで柄が入っていてとっても可愛かった。
ポスターがあんなにカラフルなのにいざ劇場へ行ったら舞台セットが白黒で、だからこそアメリの赤いワンピースをはじめとするカラフルな衣装が映えるし、あとプロジェクションマッピングみたいに映像投影の演出も(今回三階席から見下ろしてたんですけど)見やすいし。引き出しのように色んなところが開くと色がついているというのも可愛かった。ドールハウス的な、家の形をしたおもちゃのような感じでした。

 

全体的に、というか細かな部分でのわたしの感覚なんですけど、空想、妄想をして過ごしている女の子に対して周りが「いつ現実を見るんだ」っていう無意識のプレッシャーを与えるのは、すごいこう刺さるというか、2次元やアイドルや役者さんにハマりオタクになっている身としては結構刺さるものがあるというか、ちょっとキツいというか。笑
そういう刺さり方することを計算に入れてのまゆゆ起用だったらネルケの松田さんすごいと思う。笑
この作品ではその「現実を見ろ」というプレッシャーってあくまでも無意識なんですよ。みんなアメリのことを「変わってる」「不思議な子」とは言うけれど、それを否定する人は全くいなくて。そこが暖かくて救われてるなあと思います。
アメリが、同じアパートの住人である老人デュファイエルと関わるシーンを観ていると特にその「現実を見ろ」というメッセージが強いなあと感じたんですが、アメリに「そのまま一人きりの世界で生きていくのかい」と問いかけるの、個人的にめちゃくちゃ刺さった。痛いくらい。笑
デュファイエルを演じてる藤木さんがこれまたすごく素敵でとっても好きです。

まあでも、アメリにはニノという人が現れたわけで、本人が変わる意識も大事だけど、偶然とか縁みたいなものもあるよなぁ、と現実から一歩だけ下がって線を引いて眺めてる気分でいるわたしは思うのでした。


アメリを演じるまゆゆはとっても可愛いし、ニノを演じるもっくんは歌声が本当に素敵だし、ほかの共演者の皆さんもキャラが濃くて楽しい。素敵な作品でした。

当日券でまた行こうかな〜〜〜。舞台写ブロマイド後から出るっていうから、とりあえずそれは買いに行くつもりなんだけど。