ながれてゆくもの

いちオタクの徒然雑記

何を楽しみに生きていけばよいのか

 

コロナの余波、続々と被弾。

 

①久しぶりに参加しようとしていたコスプレイベントが中止(なのでスタジオに引きこもりました)

②月末に桑名遠征するために予約しておいた夜行バスが運休

③「サンセット大通り」、手持ちのチケットのうち1枚が公演中止期間で払い戻し確定

(残りはこの記事執筆時点では公演される予定)

④桑名遠征の目的だった村正クラファンのリターンのひとつ、打ち始め式(と、特別公開)が延期→延期後の暫定的な日程がお盆ド真ん中で遠征できるかどうか

(打ち始め式は断念。特別公開はなんとか行きたいけど……)

 

3月の楽しみが7割奪われました。楽しみを用意しておかないと何もかも頑張れない、生きていけないタイプのオタクなので虫の息です。メンがヘラりまくって仕事するのもひと苦労。

今日も今日とて、当選したチケットの入金をしてきたけれども……お金を払いながら、払い戻しになりませんようにと念じてしまう自分がいた。

 

おかげで抑圧の反動かのように4月5月の休日はばかみたいに出かける予定入れてるんだけど途中で電池切れしないように頑張りたいです……20代最後なので多少無理しても走り抜けたい。走り抜けてやる。

あ、でも通勤ラッシュが緩和されたことだけは評価したいです。わたしはテレワークが難しいので、できればこのまま在宅可能な人は在宅でいて欲しい……ぎゅうぎゅうの満員電車には戻らないで欲しい……

 

なんだか重苦しい雰囲気ですよね。遊んでるだけで睨まれちゃいそうな。

早く終息するといいんだけれど。